2008年08月25日

自転車保険に子供は入れるのか

自転車は、免許のない乗り物です。
それはつまり、子供でもお年寄りでも、誰でも乗れるという事です。
そうなると、当然ながら子供やお年寄りは事故の可能性が高くなります。
特に、身体ができておらず、判断力も備わっていない子供に関しては、事故の危険というものは付きものとなってしまいます。

では、その子供は自転車に乗る上で保険に入ることができるのでしょうか?

保険というと、どうしても大人になってから加入するものだというイメージがありますよね。
それで、子供はどれだけ危険でも保険には入れないんじゃないか、という不安の声が結構挙がっているようです。
しかしご安心下さい。
自転車保険には子供でも加入できます。
自転車保険は自転車を対象としているので、その使用者に年齢制限がない以上、保険にも年齢制限はありません。
値段も年間で2〜3,000円程度なので、非常に手軽に入る事ができます。

また、自転車保険以外でも、交通傷害保険、家族傷害保険などへの加入も可能です。
傷害保険に賠償責任特約をつければ、子供が事故を起こした場合、本人の治療費も、相手の治療費も補填する事ができるでしょう。
その分保険料は高くなりますが、子供はどうしても自己制御ができないので、万が一という事が起こり得ると考えておくべきなので、入っておいて損はないはずです。

子供を持つ親としては、やはり子供の安全を第一に考えたいですよね。
とは言っても、自転車に乗るななどと言える筈もありません。
ですから、せめて治療は確実に受けられるような環境は整えたいところです。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

子供が自転車保険に入る必要性について

子供が自転車に乗る場合、接触事故を起こす可能性はかなり高いと言えます。
まだ視野が狭く、注意力や判断力も乏しく、身体的な能力も未発達という事で、事故を回避する能力が備わっていないからです。

子供が自転車に乗って起こす事故で最も多いのは、やはり自動車との接触でしょう。
それ以外にも、駐車中の車に衝突し、傷を付けてしまうなんて事も多々あるかと思います。
特にミラーに接触するという事故がかなり多いようです。

また、スピードを出しすぎて通行人とぶつかり、怪我をさせてしまうという事も良くあります。
特に坂道では、子供はハイテンションになりやすく、本来ブレーキを踏むべきところで踏まず、その勢いを制御できずに人とぶつかったり転倒したりというケースが多いですね。

その他にも、縁石などの障害物が原因で転倒し、負傷するという事もあります。
転倒する際、メガネやコンタクトをしている子供はかなり危険で、最悪目に傷を追ってしまう事だってありえます。

そういった子供を守るのが親の役目です。
ただ、どうしても子供は親の目の届かないところで問題を起こすものです。
それを監視する訳にも行きません。

ならば保険を掛けて、治療や迷惑など、事後処理に関しては親が責任を全て受け持つというのが、せめてもの行いであり、親としての責任かと思います。

子供を自転車保険、または特約付きの傷害保険に加入させて、いざというときに備えるというのは、親として子供を守る数少ない手段の一つと言えるでしょう。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識

「自転車も乗れば車の仲間入り」という標語がある。この標語の存在自体、自転車を車両とみなさない認識の広がりを示すものと言える。自転車は、法規や行政の上で、車両であるにもかかわらず歩行者に近い扱いを受けることが多い。「自家用車と違って燃料の消費等を通じてその利用を把握しにくく、かつ、基本的な移動手段としての性格を有する」(「長期展望に基づく総合的な交通政策の基本的方向 - 80年代の交通政策のあり方を探る」第二部第四章第三節)ために、運輸行政上“交通機関”とみなされてこなかった、との指摘がある。

現状では多数の自転車が自転車通行の可否にかかわらず歩道に流入している。本来自転車が通行することのできない歩道を通行することは、5万円以下の罰金又は3月以下の懲役が科され得る違反行為である。歩道は歩行者のために造られ本来自転車の通行には適さないという構造的な問題があるほか、法的に徐行義務と歩行者を優先するために一時停止義務が課されるため、自転車の自然な走行スピードの喪失を余儀なくされる。また対自動車事故などの面から自転車は歩道通行したほうがよいとの主張に対しては、「自転車の歩道通行は自転車とクルマの衝突事故の重要な原因」となるという指摘がある。

(wikipediaより引用)