2008年08月25日

原動付自転車の保険と自転車の保険

原動機付き自転車は、原則として保険に加入しなければなりません。
加入義務のある保険は、自賠責保険です。
この自賠責保険とは、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。
自動車保険の一種です。

自賠責保険は損害保険で、交通事故が発生した場合に被害者に対しての入院費や弁償費、慰謝料などの支払いに対する補償を行います。
つまり、自分の損害ではなく相手の損害に対しての保険です。
この保険に加入する事が、原動機付き自転車を運転する為の条件の一つなのです。

では、自転車の保険には自賠責保険はあるのでしょうか?

厳密に言うと、ありません。
というのも、先述の通り、自賠責保険は自動車保険です。
自転車は法律上自動車とはみなされていないので、自動車保険に加入する事はできません。

となると、自転車の保険には損害を与えた相手に対して補償する保険はないのかという事になりますが、実際にはちゃんとあります。
個人賠償責任保険がこれに相当します。
自転車保険に加入すると、自動的にこの個人賠償責任保険に加入する事になります。

もちろん、義務はありませんので、加入しなくても運転はできます。
電動自転車においても、原動機付き自転車と同等の扱いであるフルアシストタイプではない限り、保険加入の義務はありません。

しかし、電動自転車はかなりスピードを出せるので、保険に加入する事は必要かと思います。
状況によっては、かなり大きな事故になってしまう可能性があるからです。
そうなって、保険に入っていないとなると、自分の財産では支払えないほどの額を請求されるといったケースに陥ってしまいかねません。

電動自転車を運転するのなら、例え義務ではなくても、自転車保険に加入する事をオススメします。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

自転車保険の中身

自転車の保険医は、傷害保険と個人賠償責任保険があります。
傷害保険は自分が負傷した場合、個人賠償責任保険は被害を与えた場合にそれぞれ補償する為の保険です。

この二つは、基本的にセットになっています。
事故というのは自分も怪我を負うし、同時に相手にも怪我をさせたり損害を与えたりする可能性も極めて高いので、個別での加入というのはまず考えられず、妥当と言えます。

ただこの場合は、例えば自転車に乗っておらず、押している状態で誤ってぶつかった場合には保険金が下りないので注意が必要です。
実際、お年を召した方にぶつかった場合、自転車に乗っていなくても大怪我をさせてしまう事はありますので。

自転車保険は、傷害保険と個人賠償責任保険のセットですが、個人賠償責任保険は単体での加入が可能となっています。
この場合は、自転車保険ではなく個人賠償責任保険として加入する事になりますが、補償の範囲が自転車保険より広くなります。
また、様々な特約を付ける事も可能で、その場合はかなり高額な保険金を設定する事ができます。

自転車による事故は、基本的にそれ程大きな負傷を負ったり負わせたりする可能性は、自動車と比較するとかなり低いと言えます。
よって、保険金に関しても、やはりそこまで大きな額にはならないので、あまり加入する意味がないというのが一般的な認識でしょう。

しかし、それはあくまでも自転車の場合です。
電動自転車やロードバイクとなると、原付並のスピードを出す事もあります。
そうなれば、必然的に事故の程度も同じように大きくなります。

保険の中身に関しては、できる限り詳しく学んでおきましょう。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

自転車の個人賠償責任保険

自転車保険は、大抵の場合、傷害保険と個人賠償責任保険がセットになっています。
ただ、この自転車保険の場合、そのフォロー範囲があまり広いとはいえないのが難点です。
そこで、有効なのが個人賠償責任保険単体での加入です。

自転車保険に加入するのではなく、個人賠償責任保険で加入した場合、自転車保険では保険金が下りない、または自転車とは関係ないケースにおいても保険金が貰えるという場合がいくつかあります。

例えば、飼い犬を散歩させている時、その飼い犬が他人に噛み付いてしまってケガをさせてしまった時にも、保険金が下りるようになっています。
また、買い物の途中で、誤って陳列している商品を損壊してしまった場合にも、補填が聞きます。
自動車の試乗中に擦ってしまった場合などにはかなり有効ですね。
他にも良くあるケースとしては、マンションやアパートに住んでいて、お風呂や台所の排水溝が詰まって水漏れを起こし、下の階に損害を与えた場合などにも、保険金が下ります。

これらは自転車とは関係ない事故ですが、個人賠償責任保険の補償範囲になります。
つまり、個人賠償責任保険は自転車に特化した保険ではなく、個人賠償責任保険の補償の中に自転車に関する損害が含まれるという事ですね。

これによって、自転車だけの保険だと割高感が大きいと感じてしまう人でも、納得して入る事ができるのではないでしょうか。
保険料も安価なので、気軽に加入する事ができます。

自転車での事故だけでなく、日常の様々な損害に対して補償が欲しいという人には、最適な保険と言えます。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

火災共済の個人賠償責任特約

自転車の保険は、必ずしも自転車保険だけとは限りません。
個人賠償責任保険や火災保険の個人賠償責任特約など、数ある項目の中に自転車事故の補償も含まれている、という保険も立派な自転車の保険と言えます。

ただ、その中の、火災共済の個人賠償責任特約については、少し注意しなければならない事があります。

火災共済には、火災保険同様個人賠償責任特約があります。
その中には、自転車の事故を補償する項目もあります。
しかし、火災共済の個人賠償責任特約では、本来広い範囲をフォローできるはずの個人賠償が機能せず、きちんと約款に記載されているにもかかわらず、保険金が下りなかったというケースが何度かありました。
これは、火災共済に監督官庁が存在しない事が原因と言われています。

前例としてそういったケースが生まれている以上、今後も同じ事で保険金が下りない可能性は、残念ながら高いと思われます。

個人賠償責任特約は非常に便利です。
ついで、という言葉は適切ではないかもしれませんが、火災保険などの必要な保険の中の一つとして、自転車事故に関する補填を組み込めるというのは、一から単体で自転車の保険に入るよりも気持ち的に入りやすいでしょう。
自転車以外の様々な損害に対して補償が利くのも大きいです。

しかし、中には必ずしも保険金が下りるとは限らない保険もあるという事をしっかり頭に入れておきましょう。
どういったケースで保険金が下りなかったかを調べ、どの形態の保険に加入するかを決めるくらいの慎重さが必要です。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

自転車健康保険組合とは

自転車に乗っている人が有効な保険を選ぼうとする場合、自転車保険に加入するというのが最も一般的な方法かと思いますが、その他にも健康保険組合に加入するという方法もあります。
健康保険組合とは、保険給付事業と保険事業を行う組合で、主に健康保険を扱います。

日本には、自転車に関する健康保険組合があります。
有名なのは、大阪自転車健康保険組合ですね。

大阪自転車健康保険組合、通称大阪自転車けんぽは、様々な病気や怪我に対しての予防策を提供しています。
そして、病気や怪我に対し、給付が与えられます。
出産や死亡に関しても、やはり給付が与えられます。
つまりは健康保険です。

この健康保険がどう自転車と結びつくかというと、自転車に乗るという事は、身体が資本であるということです。
車とは違い、自転車に乗る場合はそれなりに体力を消耗します。
これは、電動自転車においても例外ではありません。
フルアシストでない限り、やはり自力で漕ぐ訳ですから。

その自転車に乗る上で、健康面で問題があれば、それは大きな障害となります。
自転車に乗る体力を保持する為にも、自転車に乗る上で健康保険組合へ加入するというのは有効な手段と言えるでしょう。

逆に、自転車に乗っている事が原因で怪我や病気になるということもありえます。
特にお年寄りに関してはそうでしょう。
自転車事態に保険を掛けるのではなく、自分自身に保険を書けることが大事になってくるのです。

健やかな身体を作り、何歳になっても自転車で移動できるようにしたいものですね。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

自転車の保険は安い?

自転車は、自動車や原動機付二輪車と比較して、事故の規模自体はかなり小さいというケースが多いです。
よって、一つの事故あたりの必要金額は、必然的に少なくなります。
それは保険に関しても同じで、自転車保険の保険料はかなりお手軽な価格で設定されています。
相場としては、一年間で2,000〜3,000円くらいです。
家族で加入しても、せいぜいこの倍くらいですね。
2年、3年……と契約年数が増えると、一年分の契約料は更に安いという事になります。
大体2〜30%はお得です。
結論として、自転車保険の保険料はかなり安い、という事です。

では、当然支払われる保険金額もかなり控えめなのか、というと、実はそうでもありません。
もちろん、会社やプランに応じて保険料も支払保険金額も変わってはくるのですが、大体相場では、上記くらいの保険料であれば、通院で1,000〜2,000円/日、入院で1,500〜3,000円/日、後遺障害が残るような重傷や死亡の場合は500万〜3000万くらいは支払われます。
この金額は、自動車保険と比較したら控えめではありますが、小額ではありません。
保険料の負担を考慮した場合、十分な額と言えるでしょう。

もし、これより更に高額な保険金額を必要だと思う場合は、特約付きの傷害保険がオススメです。
それほど大きな負担でなくても、最大で億に届く保険金額が支払われるプランもあります。
電動自転車などの、他人に重傷や命に関わる大事故を引き起こす可能性がある自転車に乗る場合は、通常の自転車保険では心許ないかもしれませんので、こういった保険を利用した方が良いかもしれません。
保険料が安い方を選ぶか、保険金額が高い方を選ぶかは、自分の判断次第です。
リスク管理はしっかりとしておきましょう。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

レンタル自転車の保険

良く旅行などに出かけた際に、移動手段としてレンタルの自転車を利用する人がいるかと思います。
近代社会では、電車や路線バスなど、安価での交通手段はかなり選択肢が広く設定されてはいますが、あの自転車特有の爽やかな風を感じながら、旅先の景色を堪能したい、という人は多いようで、特に観光名所のある地域の駅周辺ではレンタル自転車ショップを頻繁に見かける事ができます。

ここで疑問に思う事があります。
レンタル自転車には保険が適用されているのでしょうか?
もし仮にレンタルした自転車で事故を起こしてしまった場合、保険金が支払われる事はあるのでしょうか?

その答えは、会社次第というのが適切でしょう。

レンタル自転車ショップを営んでいるお店の中には、保険加入の義務はありません。
それは、自転車自体に保険加入義務が設けられていないからです。
特に個人経営のレンタルサイクルや、海外のレンタルサイクルではあまり保険に入っているところはないように思います。

ただ、それでもちゃんと保険に入っている所も少なくありません。
万が一、レンタルした自転車で怪我をさせてしまったり、自分が怪我をした場合に保険金が下りるようになっていれば、安心して旅先でのサイクリングを楽しむ事ができるので、そこをちゃんとしているレンタルショップは非常に借りやすいお店と言えるでしょう。

自転車のレンタルは、頻繁に利用する人はあまりいないでしょう。
それだけに、中にはあまり普段乗りなれていないという人もいるかと思います。
そういう人にとっては、保険の存在はありがたいですよね。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

自転車の盗難保険

自転車に乗るに当たって、最も損害の可能性が高いのは、実は事故ではありません。
盗難です。

自動車とは違い、鍵を掛けずに放置する人が多い上に、軽量なので例え鍵を掛けていても簡単に運ばれてしまいますので、盗難被害の数は自動車の比ではありません。

そんな事もあり、自転車の保険では盗難保険の需要がかなり高いようです。

ただ、その割に、自転車の盗難保険はあまり充実していないのが実状です。
あまりにも盗難件数が多いため、保険会社が運用しきれないというのが最大の理由のようです。

メーカーによっては、盗難補償がある所もありますが、全て補填される訳ではなく、購入代金の〜%で新たに購入ができる、というタイプの補償が一般的です。
更には、途中からは加入できなかったり、購入から暫く経つと保険が消えてしまったり、パーツ単体の破損には対応できなかったりと、あまり融通の利くものではないというのが現状です。

そこで、利用したいのが火災保険の盗難補償です。
火災保険には、家財の盗難補償が付いているのですが、これは自転車の盗難補償も含まれる事があります。
火災保険は、住宅を購入している人は強制的に加入しなければならない保険なので、マイホームを持っている家庭では必然的に自転車の盗難に対する補償もついている、という事になります。

自転車の盗難被害にあってしまった場合は、自分、若しくは家族の加入している保険を見直してみて、自転車盗難の補償ができるかどうか調べてみましょう。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

スポーツ安全保険

自転車は、個人で乗る用途の多い乗り物ですが、中には自転車を通して様々な活動を行うクラブなどもあります。
例えば、自転車が好きな人たちで集まって、そのメンバーでサイクリングを楽しんだり、競走したりなど、複数の人たちと一緒に自転車に乗る行為を楽しむ事を目的としたクラブですね。

そういった団体向けの自転車保険というものもあります。
それは、スポーツ安全協会という団体が取り扱っているスポーツ安全保険というものです。

このスポーツ安全保険はA〜Dに区分されており、自転車はC区分が該当します。

原則的に、5名以上で申し込まなければならないようで、それ以下の人数では加入する事ができません。
また、補償がされるのは団体で行う行事における活動のみで、個人で普段乗っている分は除外されます。
ですので、普段自転車に乗る機会が多い人にはあまり向いていないようです。
逆に言えば、普段はあまり自転車には乗らず、クラブ活動の時に乗る比率が高いという人には最適な保険と言えます。

保険料は年間1,400円と非常に安価です。
これで、死亡保険金は2,000万円、後遺障害保険金は最大で3,000万円、入院保険金は4,000円/日、通院保険金は1,500円/、そして身体賠償が一人当たり1億円、あるいは事故ごとに5億円、財物賠償が500万円というプランになります。

年間の保険料の割に入院保険金と賠償責任がかなり高めに設定されている所がポイントですね。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類

「自転車も乗れば車の仲間入り」という標語がある。この標語の存在自体、自転車を車両とみなさない認識の広がりを示すものと言える。自転車は、法規や行政の上で、車両であるにもかかわらず歩行者に近い扱いを受けることが多い。「自家用車と違って燃料の消費等を通じてその利用を把握しにくく、かつ、基本的な移動手段としての性格を有する」(「長期展望に基づく総合的な交通政策の基本的方向 - 80年代の交通政策のあり方を探る」第二部第四章第三節)ために、運輸行政上“交通機関”とみなされてこなかった、との指摘がある。

現状では多数の自転車が自転車通行の可否にかかわらず歩道に流入している。本来自転車が通行することのできない歩道を通行することは、5万円以下の罰金又は3月以下の懲役が科され得る違反行為である。歩道は歩行者のために造られ本来自転車の通行には適さないという構造的な問題があるほか、法的に徐行義務と歩行者を優先するために一時停止義務が課されるため、自転車の自然な走行スピードの喪失を余儀なくされる。また対自動車事故などの面から自転車は歩道通行したほうがよいとの主張に対しては、「自転車の歩道通行は自転車とクルマの衝突事故の重要な原因」となるという指摘がある。

(wikipediaより引用)