2008年08月25日

原動付自転車の保険と自転車の保険

原動機付き自転車は、原則として保険に加入しなければなりません。
加入義務のある保険は、自賠責保険です。
この自賠責保険とは、正式名称を自動車損害賠償責任保険といいます。
自動車保険の一種です。

自賠責保険は損害保険で、交通事故が発生した場合に被害者に対しての入院費や弁償費、慰謝料などの支払いに対する補償を行います。
つまり、自分の損害ではなく相手の損害に対しての保険です。
この保険に加入する事が、原動機付き自転車を運転する為の条件の一つなのです。

では、自転車の保険には自賠責保険はあるのでしょうか?

厳密に言うと、ありません。
というのも、先述の通り、自賠責保険は自動車保険です。
自転車は法律上自動車とはみなされていないので、自動車保険に加入する事はできません。

となると、自転車の保険には損害を与えた相手に対して補償する保険はないのかという事になりますが、実際にはちゃんとあります。
個人賠償責任保険がこれに相当します。
自転車保険に加入すると、自動的にこの個人賠償責任保険に加入する事になります。

もちろん、義務はありませんので、加入しなくても運転はできます。
電動自転車においても、原動機付き自転車と同等の扱いであるフルアシストタイプではない限り、保険加入の義務はありません。

しかし、電動自転車はかなりスピードを出せるので、保険に加入する事は必要かと思います。
状況によっては、かなり大きな事故になってしまう可能性があるからです。
そうなって、保険に入っていないとなると、自分の財産では支払えないほどの額を請求されるといったケースに陥ってしまいかねません。

電動自転車を運転するのなら、例え義務ではなくても、自転車保険に加入する事をオススメします。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車保険の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18340742

この記事へのトラックバック

「自転車も乗れば車の仲間入り」という標語がある。この標語の存在自体、自転車を車両とみなさない認識の広がりを示すものと言える。自転車は、法規や行政の上で、車両であるにもかかわらず歩行者に近い扱いを受けることが多い。「自家用車と違って燃料の消費等を通じてその利用を把握しにくく、かつ、基本的な移動手段としての性格を有する」(「長期展望に基づく総合的な交通政策の基本的方向 - 80年代の交通政策のあり方を探る」第二部第四章第三節)ために、運輸行政上“交通機関”とみなされてこなかった、との指摘がある。

現状では多数の自転車が自転車通行の可否にかかわらず歩道に流入している。本来自転車が通行することのできない歩道を通行することは、5万円以下の罰金又は3月以下の懲役が科され得る違反行為である。歩道は歩行者のために造られ本来自転車の通行には適さないという構造的な問題があるほか、法的に徐行義務と歩行者を優先するために一時停止義務が課されるため、自転車の自然な走行スピードの喪失を余儀なくされる。また対自動車事故などの面から自転車は歩道通行したほうがよいとの主張に対しては、「自転車の歩道通行は自転車とクルマの衝突事故の重要な原因」となるという指摘がある。

(wikipediaより引用)