2008年08月25日

ジャイアントの自転車保険

世界最大の自転車メーカーと言えば、ジャイアントです。
日本のあまり自転車と縁がない人にはそこまで有名ではないかもしれませんが、ジャイアント・マニュファクチャリングCo. Ltd.と言えば、世界最高峰の自転車レースであるツールドフランスで輝かしい実績を残すなど、そのブランド力にはかなりのものがあります。

台湾の会社ですが、いまやヨーロッパを始め、アメリカ、そして日本でも積極的な展開を見せており、マウンテンバイクやクロスバイク、ロードバイクなどのレース用自転車を中心に、折りたたみ自転車、電動自転車など、普通の自転車以外の特化型自転車に対する開発にかなりの力を注いでいます。

そんなジャイアントは、盗難保険をメーカーで行っています。
これはブリヂストンなど、僅か数社しか行っていない試みです。

その盗難保険の期間は1年で、保険料、免責率は車種によって異なります。
基本的には価格によって決まるようです。

自転車の盗難というのは、発生頻度があまりにも高く、保険会社では自転車盗難の保険に対し消極的にならざるを得ません。
メリットが少なくリスクが大きいからです。
よって、ほとんどの盗難保険は販売店が行っているのですが、これも徹底はしておらず、実施している店舗はまだ多いとはいえません。
免責率も控えめです。
ですので、メーカーが率先して盗難保険を運用するというのは、ユーザーにとっては心強い事です。

今後、このようなメーカーが増えてくれる事を願っています。
posted by cycle at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険会社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18340718

この記事へのトラックバック

「自転車も乗れば車の仲間入り」という標語がある。この標語の存在自体、自転車を車両とみなさない認識の広がりを示すものと言える。自転車は、法規や行政の上で、車両であるにもかかわらず歩行者に近い扱いを受けることが多い。「自家用車と違って燃料の消費等を通じてその利用を把握しにくく、かつ、基本的な移動手段としての性格を有する」(「長期展望に基づく総合的な交通政策の基本的方向 - 80年代の交通政策のあり方を探る」第二部第四章第三節)ために、運輸行政上“交通機関”とみなされてこなかった、との指摘がある。

現状では多数の自転車が自転車通行の可否にかかわらず歩道に流入している。本来自転車が通行することのできない歩道を通行することは、5万円以下の罰金又は3月以下の懲役が科され得る違反行為である。歩道は歩行者のために造られ本来自転車の通行には適さないという構造的な問題があるほか、法的に徐行義務と歩行者を優先するために一時停止義務が課されるため、自転車の自然な走行スピードの喪失を余儀なくされる。また対自動車事故などの面から自転車は歩道通行したほうがよいとの主張に対しては、「自転車の歩道通行は自転車とクルマの衝突事故の重要な原因」となるという指摘がある。

(wikipediaより引用)