2008年08月25日

自転車の保険

車に乗る際、保険に入らなくてはならないという事は、結構皆さん知っておられるかと思います。
自動車保険に関しては、自動車を購入する時点で加入を求められますし、自動車と縁がない人でも、自動車事故の危険性を知っている限り、保険の存在は想像に難くないでしょう。

では、自転車に関してはどうでしょうか?
自転車に乗っている人は全国に沢山いますが、その中で、自転車に保険があるかどうかという事を考えた事のある日とはほとんどいないのではないでしょうか。
というのも、自転車を購入する際、保険に関して言及される事がないからです。
この時点で、自転車と保険には全く繋がりがないと判断してしまうのも無理はないでしょう。

しかし、それは間違いです。
自転車にも保険があります。
それも、自動車保険とほとんど変わらない、しっかりした保険です。

では、何故保険を勧められないかというと、義務ではないからというだけではありません。
単純に、加入者が少ないからです。
自転車は自動車と違い、相手に対して大怪我をさせたり、非常に高額な弁償金を支払うというリスクがほとんどありません。
保険は、自分怪我した場合よりも怪我をさせた場合、損害を与えた場合を想定して加入するケースが多いので、自転車の保険にはあまり意義を見出せない、という人が多く、結果的に加入を進める動きもない、というのが現状です。

しかし、自転車と一言で言っても、その全てが一般的な自転車とは限りません。
電動自転車やロードバイクも自転車のカテゴリーに入ります。
そして、これらの乗り物は、事故を起こし、相手に大怪我をさせたり、自分が大怪我をする可能性がかなり高いのです。

これらの乗り物を利用する人は、保険についてしっかりと検討しておきましょう。
posted by cycle at 00:17| Comment(36) | TrackBack(1) | 基礎知識

自転車保険の対象

自転車に乗っている人は数多くいますが、自転車に保険がある、という事を知っている人はあまり多くないかと思います。
自転車と保険というのは、自動車と保険のように密接な関係とはいえず、加入義務もないので、どうしても知識として頭に入ってくる機会がないので、仕方のない事です。

しかしながら、近年自転車に関する事故が増えてきている事、電動自転車やロードバイクが人気を博してきた事で、自転車の保険が見直されています。
ここではその自転車の保険について、色々とご説明します。

まず、原則的に自転車の保険は強制ではありません。
自動車の場合は自賠責保険に加入する義務がありますが、自転車にはそういった保険はありません。
よって、加入する保険は全て任意という事になります。

その中で、加入できる保険は傷害保険と個人賠償責任保険です。
傷害保険は自分の怪我に対する補償で、個人賠償責任保険は怪我を負わせたり損害を与えた相手に対する補償です。

自動車で言う車両保険のような、自転車が事故によって故障した場合の保険というのは現在あまり扱われていません。
というのも、自転車は高価な物もありますが、多くは安価で、1万円を切るような値段の物もザラなので、保険を掛ける意味があまりないからです。
また、盗難なども頻繁にあるので、保険としての旨みがあまり機能しないというのも理由の一つとして挙げられるでしょう。

まとめると、自転車の保険は、事故件数の多さ故に、その被害は多く出るものの、自転車自体は価格がお手頃なので、保険の対象となるのは人体や、自転車によって傷つけられる財産に特化する、という事です。
posted by cycle at 00:17| Comment(161) | TrackBack(0) | 基礎知識

「自転車も乗れば車の仲間入り」という標語がある。この標語の存在自体、自転車を車両とみなさない認識の広がりを示すものと言える。自転車は、法規や行政の上で、車両であるにもかかわらず歩行者に近い扱いを受けることが多い。「自家用車と違って燃料の消費等を通じてその利用を把握しにくく、かつ、基本的な移動手段としての性格を有する」(「長期展望に基づく総合的な交通政策の基本的方向 - 80年代の交通政策のあり方を探る」第二部第四章第三節)ために、運輸行政上“交通機関”とみなされてこなかった、との指摘がある。

現状では多数の自転車が自転車通行の可否にかかわらず歩道に流入している。本来自転車が通行することのできない歩道を通行することは、5万円以下の罰金又は3月以下の懲役が科され得る違反行為である。歩道は歩行者のために造られ本来自転車の通行には適さないという構造的な問題があるほか、法的に徐行義務と歩行者を優先するために一時停止義務が課されるため、自転車の自然な走行スピードの喪失を余儀なくされる。また対自動車事故などの面から自転車は歩道通行したほうがよいとの主張に対しては、「自転車の歩道通行は自転車とクルマの衝突事故の重要な原因」となるという指摘がある。

(wikipediaより引用)